モバイルバッテリー1


モバイルバッテリー.jpg
モバイルバッテリーのクチコミ


付属品がminiUSBやiPhone用だけで
ガラケー対応と書かれてなくても
プラグがあればできるんでしょうか?



付属のケーブルに対応する機器の充電を想定しているはずだからそれ以外はやってみないと分からない
すべての機器への充電を保証するものではありません云々に該当すると思われ


中華バッテリーの大容量30000mAhで5000円程度で買おうと思っていたが
よくよく考えたら、半額2500円で15000mAhのものを2個買った方が色々捗って
そっちの方がいいことに気付いた
充電時間でいえば
単体30000mAhよりも、合計30000mAhの2個を同時充電する方が早いわけだし
ポート数でいえば
単体30000mAhでは2ポートだけだけど、2個持ちでは4ポートになる
っという考え方もある
あと、2個持ちだと、片方は持ち歩いて、もう片方は家で充電して〜
みたいに、交互に使っていけるし充電完了するのを待つこともなくなる


大容量を使う理由は50%消費で充電という電池にやさしい使い方をするため
1日に必要な容量の2倍くらいの大容量バッテリーがちょうどいい


50%消費で満充電してんのか?
やるならほぼ使いきり〜80%未満じゃねえの?
というか頻繁に使ってるなら気にする必要なくね?
ずーっと充電しっぱとか、ずーっと放置しっぱとかなら気にするのもわかるが


わかんない


だいぶ前に買った適当な5000mAhで事足りてるんだけど
お前ら普段どんな使い方してんだよ


中華のバッテリーは、充電サイクルとは無関係に突然死することがあるんだよね。
実際は中華に限らないけど、経験的には圧倒的に中華が多い。
怪しい中華バッテリーを買ってばかりいるからだろうけどさ。
まあ、まともなバッテリーの1/3の価格で買えるから、3倍壊れてもコスト的には同じだったりして。


中華のは安っぽいプラ筐体だし
ちょっとした衝撃でヒビとか入って中身も逝っちゃうんじゃない?
例えば、緩衝性が無さそうなバッグの底にバッテリー入れて
そのバッグを固い地面や床とかに
ポンって、ちょっと置いただけで
それだけでバッグの中のバッテリー壊れちゃいそう
もし1発で壊れなくても普段からそういう扱い方してるうちに
何回かの衝撃が積み重なって、ある日突然使えなくなって壊れてしまうって事もありえる


バッテリは去年まで儲かってたんかな。
去年の冬から毎週値下げが始まった気がする。
素人が商売したらこうなるよな。消費者はありがたいかぎりだが。


気になってamazonで先月買ったcheeroの7000mAhの値段を今見たら300円値上げになってた
円安のせい?


高いがノートにも給電可能な40800mahが出た。
スペックからするとセルは変態的高精度のパナソニック製NCR18650Bっぽい。


いいな

わけわからんメーカーじゃないのがいい


電源に指して充電しっぱなしでモバイルバッテリー1つ駄目にしたから
過充電対策してるCheeroPowerPlus欲しいなぁと思ったら売り切れてやんの

何か他に過充電対策してて10000mah以上でで3000円以下の良い奴ある?


10000mAhが必要な理由は?


ロマン


35000mAhの奴の方が、よりロマンだろ?


35000mAhのやつヤフショで買ったんだけど
空の状態から充電して12時間くらいで
ランプ全部点灯(満充電?)して充電終わっちゃったんだけど
これホントに満充電されたんかぁ?
なんか充電時間短い気がしてるんだけど・・・


わかんないよね。
そもそも表記された容量があるのかも疑問だけど。
充電関係では発火もあるから中華の大容量は怖いよね。


空から12時間じゃ仮に2Aで充電してたとしても早すぎるな。
つまりそういうことか
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/62641295

この記事へのトラックバック
カテゴリ